『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月5日土曜日

ヤマをはる?

 さらに、ヤマをはることは出題者の意図を見破る訓練にもなり、受験センス鍛えることにもなる。ヤマもはらずに暗記するということは、銃の照準もあわせずに、ただやみくもに発砲するようなもので、合格はおぼつかない。目標にしっかりと狙いをつけてから撃つことだ。実際、私の学んだ灘高でも東大でも、ヤマのよくあたる奴は実力も備わっていたものだ。


和田秀樹著『 受験は要領』より




 「ヤマのよくあたる奴は実力も備わっていたものだ」とありますが、これはむしろ逆で、「実力が備わっていた奴は、ヤマもよくあたったものだ」というのが真実ではないでしょうか?

 そもそもヤマをはるためには、それなりに問題にあたっている必要があります。それによって教科書を読んでいる時でも、「ここが問題になっていたな」と思い出したり、「ここが問題になりそうだ」などと分かるものです。

 勉強が進んでいけば、こうした直感的な能力というのは自然と向上していきますから、こんな能力を鍛えることに時間を割くくらいなら、普段の勉強をすすめてください。

 それに、受験生のはれる「ヤマ」なんて、過去問を見たあとに「この問題集が相性良さそうだ」とか「この予備校のこの講座が良さそうだ」とかその程度でしょう。

 ヤマをはることが合否を決定的にするとは考えられません。

 合否を決定付けるのは、あくまでも習得した標準問題の数です。




(大学受験 攻略 勉強法)
にほんブログ村 大学受験 へ移動
人気ブログランキング 教育・学校 へ移動

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。