『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月21日月曜日

オススメ併願私立大学(センター利用入試)

難関国立大学志望者 オススメ併願私立大学(センター利用入試)



慶應大学 法学部(センターのみ)
慶應大学 薬学部(センターのみ)
早稲田大学 政治経済学部(センターのみ)
早稲田大学 法学部(成績上位者に限りセンターのみ)
早稲田大学 国際教養学部(+英語)

 ほとんどの大学ではセンター試験前にセンター利用入試の出願を締め切りますが、慶應大学や早稲田大学のように、一部の大学ではセンター試験後まで出願を受け付けているので、センターの成績を自己採点で確認してから出願することができます。早稲田はセンター試験後数日で締め切りですが、慶應は締め切りまで一週間ほど余裕があるので、センターリサーチ後でも十分間に合います。

 理系の場合、センターの国語で8割を切ってしまうケースが目立ちます。この場合、慶應大学の薬学部や早稲田大学の法学部が適当でしょう。

 慶應大学の薬学部のセンター利用入試は、英語、数学、理科の三科目のみでで合否が決定されますし、早稲田大学の法学部は、国語の成績が利用されるものの、合否判定では理系科目のうち高得点の科目を利用することになるので、国語の成績をある程度カバーすることができます。

(大学受験 攻略 勉強法)

にほんブログ村へ移動
にほんブログ村からきた方はこちら

人気ブログランキングへ移動
人気ブログランキングからきた方はこちら
続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。