『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月6日日曜日

基礎力養成期

基礎力養成期
偏差値の目安:~60
時 期の目安:~8月
問題のレベル:標準



 問題の解答を思いつこうとせず、問題を考えて思考が止まった時点で解答を見ます。応用力養成期の土台となります。標準レベルの問題集に取り組みます。

 問題が解けたものには印を付け、解けなかったものは1ヶ月後にもう一度取り組みます。問題集は1冊で十分でしょう。

 標準レベルの問題集を終えたあとに、同様のやり方で志望大学の過去問もこの時期に終えるのが理想です。センター受験者は、この時期までに過去問を20回分終えておくことを目標にしましょう。


時期の目安一覧へ


(大学受験 攻略 勉強法)

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。