『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月3日木曜日

時間ではなく量ではかる

当然ながら、自分の勉強がどれだけ進んだかをはかるには、時間ではなく量ではかるのがベターである。この勉強量で記録した"勉強家計簿"をつけて、まめにチェックすることだ。


和田秀樹著『 受験は要領』より


 

 勉強のすすみ具合を量ではかるというのは良い考えですね。時間ではかると時間ばかりが気になったり、区切りが悪いところで学習を中断することになりかねません。

 ですから、見たいテレビがあるのであれば、あらかじめ録画予約するとよいでしょう。自分の好きな時に見れますし、CMなどの無駄な部分をを早送りすることもできるので、放送をそのまま見るのと録画したものをみるのとではかなり違ってきます。

 また、録画したものを見ることで、その次の番組まで見てしまう危険も回避できます。録画されているのは、せいぜい番組のオープニングくらいでしょうから。

 最近は性能の良いHDD搭載のレコーダーが販売されていますから、テレビに時間をとられている人は、これを買うことで、勉強の効率化が期待できるでしょう。


↑家電を安く販売している店


↑パナソニック直販サイト「パナセンス」 DIGAが有名


↑いわずと知れたYahoo!オークション。中古であれば、かなり安く手に入る。



 しかし、わざわざ「勉強家計簿」まで作る必要はないのではないでしょうか?個人的には、ただ問題の上に日付を書いておけばそれで済むと思います。

 「えっと、今日やったのは、この問題集の・・・あれ、どこだっけ??・・・・あ、あったここだここだ」

なんていちいちやっていては、時間がもったいない気がするのですが・・・。




(大学受験 攻略 勉強法)

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。