『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月7日月曜日

長文トレーニング

 当然、長文を速読する訓練が必要である。それには、私は、とにかく日本語の対訳のついた英語の本を、どんどん読むことでトレーニングした。教材は、ラフカディオ・ハーンやマセット・モームなどの小説、あるいは童話など、オーソドックスな英文を選ぶようにする。


和田秀樹著『 受験は要領』より




 日本語の対訳ついた英語の本でなくて、逆に英語の対訳のついた日本の本の話なんですが、この前本屋にいってみたら、ベストセラーになった『国家の品格』の対訳本がうっていました。新渡戸稲造が『武士道』の対訳本を出しているのも有名ですよね。

 このような本は探してみれば、たくさんあるかもしれませんね。自分の好きな本の対訳であれば、かなり楽に頭に入るので、おすすめです。

 ただし、最近では、より入試問題に近い英文の対訳参考書が出版されていますから、受験生の人はそれを使った方が無難かもしれません。

 速読英単語をはじめとして、Z会から同様の参考書がたくさん出版されています。








(大学受験 攻略 勉強法)

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。