『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月13日日曜日

調査書について


出願に当たっては、高校の卒業証明書が必要です。各大学の2次試験には高校の調査書も必要なので、早めに出身高校に行って、2つとも入手しておきましょう。

荒川 英輔 著『医学部再受験 成功する人・ダメな人』より


 卒業生の場合、卒業後5年以上経過している場合は、 調査書が発行されません。代わりに成績証明などの別の証明書が発行されます(どの証明書を発行すべきかは、大学の募集要項に、詳しい指示があるはずです)。

 ですから再受験生の場合、特に早めに大学の募集要項できちんと確認しておかないと、あとになって大変なことになりかねません。でもまあ、調査書を発行するつもりでいれば大丈夫ではあると思います。

 この本の著者は、大学入学後すぐに休学し、その3年後に医学部に合格したということですから、再受験生というよりは単なる3浪生ですよね。だからきっと、調査書については苦労しなかったのでしょう。

 「この本は、再受験生のための本である」みたいなことをうたっている割には、不親切ではないかと思います。

 しかも、自分が関東圏の国公立医学部を断念したせいか、「東京から離れられない人は、再受験をあきらめろ」みたいなことまで書いてあり、この著者の人格が疑われます。

 国公立医学部の中では、それほど難関でない横浜市立大学が、不当に難関扱いを受けていることから、実質2浪の年に、横浜市立大学に不合格にでもなったんでしょうか?

 それで「関東から離れろ」と他人に勧めているというのも、ひどい話です。

(大学受験 攻略 勉強法)

にほんブログ村へ移動
にほんブログ村からきた方はこちら

人気ブログランキングへ移動
人気ブログランキングからきた方はこちら
続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。