『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2008年1月5日土曜日

センター試験でしか使わない科目

センター試験でしか使わない科目の攻略法について述べています。



 センター試験でしか使わない科目は、もちろん記述式の問題集をひととおり終えられれば申し分ないですが、基本的にはセンター試験の過去問と実戦問題集で済ませるのが一般的でしょう。

 センター試験は、実戦問題集ではつかみきれないコツのようなものがあるため、過去問の学習がかかせません。


 理想的なスケジュールとしては、

 8月までに
 センター試験過去問 20回分

 9月~11月に
 センター実戦問題集 10回分

 12月~センター試験本番までに
 センター実践問題集 10回分

といったところでしょう。

 8月までの期間(過去問をとく場合)は、自力で答えを出す必要はありません。
というよりは、出そうとしても無理でしょうから、問題を考えて、負担にならないうちに答えをみるようにします。

 解けた問題には印をつけて、解けなかった問題は、1ヵ月後にもう一度解き直します。

 このようにやっていき、過去問20回分については、8月までにすべての問題に印がつくように頑張りましょう。

 その後、実戦問題集を解く場合は、すべて自力で答えを出します。その際、時間は気にする必要はありません。というのも、時間を計ってやる場合というのは、問題を解くスピードが上がるというよりは、単に急いで解いているだけになりがちだからです。

 復習をしたり、問題を解いているうちに問題を解くスピードというのは自然と上がっていくものです。

 



(大学受験 攻略 勉強法)
にほんブログ村 大学受験 へ移動
人気ブログランキング 教育・学校 へ移動

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。