『受験は要領』についての考察のまとめページは、下のほうにあります。
Google
 

2007年12月30日日曜日

勉強と潜伏期

勉強と潜伏期について述べています。



 少しばかり勉強したからといって、すぐに成績が上がるわけではありません。自分の経験的なものや教育関係者からの話から推測すると、どうやら学習から3ヶ月後にその結果があらわれるようです。

 これは、全く科学的な証拠があるものではなく、単に経験的(統計的)なものではありますが、しかし「数学を一生懸命勉強して、その3ヶ月に模試の偏差値が一気に上がった」「今回の模試は、英語の偏差値がやけに上がっていた。そういえば3ヶ月くらい前に、かなり勉強したなあ。」という声や、逆に「前回の模試で数学がかなりよかったから少しサボっていたら、その3ヶ月後の模試でひどいことになった。」という声がかなり聞かれるように思えます。

 これをふまえると、1月に試験のあるセンター試験の学習は10月頃までに、主に2月に試験のある大学入学試験の学習は11月頃までに済ませておくのが理想でしょう。



(大学受験 攻略 勉強法)

続きを読む場合は、ここをクリックしてください。


にほんブログ村 大学受験
にほんブログ村 大学受験 へ移動します。


人気ブログランキング 教育・学校
人気ブログランキング 教育・学校 へ移動します。

和田秀樹 著 『受験は要領』について
和田秀樹さんの著作である『受験は要領』についての考察です。